私のやってしまった婚活失敗談

婚活で理想を追い求め過ぎた私

いおきなりですが、私が今の婚活の経験で失敗したことといえば、絶対に相手は年上の男性でないとだめだと思っていたことです。でも女性なら大抵年上の男性を選ぶ人が多いですよね。年上の方が、気が利いて、守ってくれそうなイメージがありますし、自分が40歳であっても、なるべくなら年上を求めてしまうのは仕方がないと思います。

ですが、そういう人に限ってなぜか、年下に好かれることが多いということがあります。自分は年上の人を探しているのに、年下ばかりにモテてしまうという矛盾に戸惑ってしまうのです。でもそこで、年上ばかりにこだわらず、試しに年下の男性とも付き合ってみるということも、婚活する上でとても重要なことなのではないでしょうか。私は、34歳の時に婚活を始めましたが、お見合いパーティーでも、成立するのは年下の男性ばかり。でも、自分は年上がいいので、やっぱりとだめだと思って、お断りしてしまうことが多々ありました。ですが、年上の男性とお付き合いをしても上手くいかないことが多かったでの、ドツボにはまってしまったのです。

今まで避けてた年下の男性が私の救世主に

なんで、こんなに婚活が上手くいかないんだろうと悩んでいたときに、出会った男性もまた年下で、もうこんなにも年下に好かれるんだったら、一度付き合ってみてもいいかなと思い始めました。すると、年下だからといって精神的に子供かと思っていたら、逆で対応も年上の男性より、大人だったのです。人は年齢ではないなと思いました。また、年上だからというコンプレックスも吹き飛ばしてくれるぐらい大事にされましたし、自分には年下の男性が合っていたんだなと確信しました。40歳近くになると、どうしても年下に抵抗がある人も多いと思いますが、もし、年下の男性が寄ってきたら、ちょっと付き合うぐらいの余裕を持ってもいいのではないでしょうか。婚活をするうえで、条件はとても大事です。ですが、今までの考えを少し変えてみることで、もっと人との出会いも増えますし、絶対に婚活も成功するはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加