寂しい一人暮らしを明るくあたたかく、そして賑やかにする方法!?

寂しい一人暮らしを工夫で楽しくしてみましょう。

寂しい

寂しい一人暮らしをしないで済む方法があればいいなと思いませんか?

一人暮らしをしていると寂しいと思う瞬間が何度もあると思います。

人間は一人でいると孤独を感じ、そしてそれにより寂しくなる生き物です。

そこで強がる必要もなく、寂しいと感じたならば寂しいと感じても良いのです。

ですが、寂しい一人暮らしをあえて好む人もいないでしょう。

同じ一人暮らしならば寂しい一人暮らしよりも、楽しい一人暮らしの方が良いですよね。

そこで、寂しい一人暮らしから楽しい一人暮らしにするためにはどうすれば良いのか考えてみましょう。

<玄関の灯りにこだわる>

寂しい一人暮らしだと感じる瞬間のトップは夜仕事が終わって帰宅をした時です。

家族がいれば、夜帰宅をしても灯りがついていますが、一人暮らしだと真っ暗な部屋に帰宅することになりますね。

人間は暗いと寂しさを感じるものでもあります。

そこで部屋の灯り、特に帰宅してすぐに目のつく玄関の灯りを工夫してみたらいかがでしょうか。

インテリアの側面から寂しさを消す試みをするのです。

夜帰宅をしてドアの鍵を開け室内に入る、その瞬間真っ暗なのと灯りがあるのとでは感じ方がまったく違うでしょう。

玄関の灯りをつけておくことによって、その寂しさを消し去ってくれます。

そうかと言って、家にいないのに玄関の灯りをずっとつけておくわけにはいきません。

ずっと電気をつけておくと電気代がもったいないですよね。

そんなときは、タイマー式の電気や小型の玄関用のライトを利用すると良いです。

特にタイマー式ならば、帰宅する予定時間に点灯するようにしておけば帰宅しても真っ暗な室内に入室する必要がなくなります。

また、小型の玄関用のライトもあります。

こちらは省エネ仕様となっているので仮に一日中つけておいても電気代は微々たるものです。

こういった工夫一つで寂しい一人暮らしではなくなります。

玄関照明 玄関灯 通販 エストアガーデン

http://www.estoah.co.jp/category/128.html

<暖房を考える>

暖房

寂しい一人暮らしだと感じるのは冬帰宅して室内に入るときです。

ひんやりした室内に入ると、急激に寂しくなる人もいるのではないでしょうか。

そんなときのために、エアコンの暖房をタイマーでセットするのも良いでしょう。

帰宅時間に合わせてエアコンのタイマーをセットしておけば、帰宅したとき暖かい室内がお出迎えをしてくれます

また別の方法としては、石油ストーブを使ってみるのも良いでしょう。

この場合は、暖まった室内にすることはできませんが、香りを楽しめます。

無臭のエアコンの香りよりも、石油ストーブの香りの方が好みと言う人もいます。

石油の燃える香りは、ある種懐かしさを運んでくれるものでもありますから、試してみるのも良いですね。

<自炊する>

自炊

寂しい一人暮らしだなと思ってしまう瞬間、それは食事のときです。

一人の食事は寂しくなってしまいますよね。

自炊をするにしても、一人分の食事を作るのが面倒でついつい外食に頼ったり、コンビニの弁当に頼ったりとしてしまうことも多いでしょう。

そうなるとますます寂しさが増していきます。

特にコンビニの弁当を一人で食べている瞬間、寂しい一人暮らしだと思ってしまう人多いのではないでしょうか

そんな食事は発想の転換を使って楽しくしてみましょう。

まずは、自炊をしてみることです。

そうすることによって、外食もコンビニの弁当も必要なくなります。

料理が趣味と言う人多いですよね。芸能人でも料理が上手な芸能人はもてはやされたりします。

そんな料理上手になることを目標として自炊を思い切って楽しんでみましょう。

料理が好きになれば、誰かに食べてもらいたくなる。

そうなったら人を自宅に招待したくなり、賑やかな食卓にもなります。

一人分の食事を作るのが面倒と思わず、料理が楽しいと思うようにしてみましょう。

<音を流す>

音楽

寂しい一人暮らしと感じてしまうのはしーんとしていて、静かで音がない瞬間です。

話し声が室内に響き渡っていれば寂しさを感じる隙もありませんが、静まり返った室内にいると寂しさも倍増でしょう。

そんな人は、常に音を流すようにしておくと良いですね。

音楽をかける、テレビをつける、DVDを流す、なんでも良いでしょう。

とにかく音を四六時中つけておくことにより寂しい一人暮らしとさよならできます。

ジャズやクラシックなんてお洒落ではないでしょうか。

以前、「結婚できない男」というドラマがありましたが、主人公の阿部寛さんが椅子に深々と座りながらクラシックを聴いている様子はなんだかかっこよかった記憶があります。

話し声が欲しい人は落語を聞くのもありかもしれません。

落語なんか趣味じゃないと思う人が多いですが、落語を聞くのではなく語り口調の調べを楽しむのです。

落語は誰かに客に語るように話ますから、一人暮らしで寂しいとき誰かに語りかけられているような感じになれます。

ただの音ではなく、話しかけるような音は心地良いものですから試してみると良いですね。

<まとめ>

解決!

寂しい一人暮らしは工夫一つでなんとでもなるものです。

気分が落ち込んでいたり、寂しい、寂しいと思ってしまうとますます寂しくなってしまうものでもあります。

暮らしの理想形としては、家に帰ったら家族が賑やかに迎えてくれ、彼らが家にいるため家の中は明るく、暖かい。そして、おいしい家庭料理が自分を待っている、そんな状態ですよね。今回は、一人暮らしの中でもそれらをある程度再現する方法をご紹介しました

工夫、そして気の持ちようで寂しい一人暮らしを楽しい一人暮らしに変えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加